芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

お肌を再生する鍵はターンオーバーのサイクル

お肌を再生するとはどういうこと?

再生には適切なサイクルに戻す

お肌を再生するという事は新しい皮膚を作ること。新しい皮膚を作るためには、古い皮膚を剥がし落とすこと。油分で表面を覆ってしまうと、自然と剥がれ落ちる作用が妨げられて古い角質がどんどん蓄積されていきます。

お肌の表面が乾きやすい冬場ですが、あまりにも濃い油分でお肌を覆ってしまうとターンオーバーがさらに遅れてしまいます。

乾燥を感じるのは水分油分を保つ力が低下しているせい。油分を補ってその場をしのいでしまうと、ターンオーバーがどんどん遅くなっていきます。お肌の乾燥を感じた時が肌改善に取り組むタイミングではないでしょうか。

本来、保てるはずの水分と油分のバランス。自分の肌力を引き上げてあげましょう

 

 

ターンオーバーを整えるサロンケア

自らの再生力や水分油分のバランスを保つためのサポートとしてサロンでもトリートメントを行っています。ホームケアでご自身でスキンケアするだけよりも、さらに効率よく肌再生をサポート。

ターンオーバーの乱れやお肌の乾燥などが引き起こり再生力が低下する理由としてあげられるのが、洗顔や角質ケア(ピーリング)のやり過ぎ、紫外線、ストレス、ホルモンバランスの乱れがありますが、それに加え『肌体温の低下』にあります。

肌体温が低下すると…

血液循環が悪くなり

酸素の供給量が減り

肌細胞の活動が低下し、再生力が衰えます

こうなると、基底層で作られた細胞が角質層まで押しあげられて剥がれ落ちるまでの時間がかなりかかりターンオーバーの乱れとなります。

サロンケアでは肌体温を上げるために

①ラジオ波(高周波)でお肌深部の体温を3〜5℃上げ細胞が活発に働く環境にし

②炭酸パックで酸素を血液に一気に取り込み血流を高め

③ターンオーバーのスピードを28日周期に整えます

 

例に挙げたトリートメントはターンオーバーの周期が遅れているものを早める場合。逆に皮膚の角質が薄く敏感なお肌の方はターンオーバーが早すぎるので、トリートメント方法を変えています。

 

肌再生=規則正しいターンオーバーが必須

ターンオーバーとは、基底層からできた表皮細胞が28日かけてお肌の表皮まで押し上げられて剥がれていくサイクルのこと。

遅すぎると古い細胞が長く表皮にとどまってしまい、くすみ、乾燥、吹き出物、シミの原因に。またターンオーバーが早すぎると未成熟な細胞まで剥がれ落ちてしまい、表皮が薄く外的刺激からお肌が守れず乾燥、赤み、かゆみ、ただれの原因になります。アトピー肌の方はターンオーバーが早すぎることも原因のひとつです。

老化症状やニキビ、敏感肌などのトラブルはターンオーバーが乱れることで発生しています。そのサイクルが乱れる原因は様々ありますので、それぞれの原因を探って規則正しいターンオーバーに戻していきましょう。

 

Rico(藤沢 由加里 ) by
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして15年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と10歳男子の子育てにも励んでます
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です