芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

保存料添加物たっぷりの不健康肌

自由に買える化粧品の危険性 

世の中にはスキンケア化粧品がたくさん溢れていて

ブランド、値段、販売方法も様々

 

自分で選んで購入される時何を基準に選んでますか?

わたしはお客様にいつもお伝えしているのが

“誰でも気軽に自由に買える化粧品って

どんな環境で、どんな使い方、保存方法をするか分からない

だから、効果よりどんな使い方をしたとしても

お肌にアレルギーやトラブルが出ないことが優先されて作られている

何を使ってもお肌のお悩みが根本的に改善することはない”

ということ

品質やテクスチャーの安定させるためにパラベンなどの保存料や

界面活性剤、アルコール、香料など添加物がたくさん含まれています

そんな化粧品をコンビニのお弁当と同じと思っています

毎日、添加物たっぷりのコンビニ弁当を食べ続けたいですか?

お肌にも同じこと

自分の身体の健康を考えて食事を選ぶように

お肌の健康を考えてスキンケア化粧品も選んでほしい

 

保存料無添加の落とし穴

じゃあ保存料無添加を選べばいい?

保存料無添加=安心安全

身体にもお肌にも良さそう

一見そんな風に思いますが、ここにも落とし穴があって

化粧品には全成分表示の義務があり配合量の多いものから順に記載されています

保存料無添加の場合、それを謳っていても

例えば原材料そのものにパラベンを混ぜてから主成分の水の中に配合すれば

パラベンの表示義務はなくなるのです

 

Ricoで推奨している化粧品は大丈夫?

わたしがサロンで取り扱うものを選ぶ基準として

一番は成分にこだわりたい

コンビニ弁当みたいなお肌の健康を阻害するものが使われてないもの


パラベン、石油系添加物、安定化剤、香料、アルコールは当然不使用で

使い切るまで鮮度が高いまま維持できるエアレス容器

そしてちゃんとお肌を健康に導くための成分が使われていること

 

今まで添加物ばっかりで、効果の薄い商品を選んでお肌の健康を損ねていたなら

今からでも、お肌に新鮮な成分を与えてあげると見違えるほど若々しく変わります

身体の健康と同じようにお肌の健康のために良いものを

自分のお肌を大切に労ってくださいね


Rico(藤沢 由加里 ) by
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして16年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と10歳男子の子育てにも励んでます。 GAVACHO Premiumwax インストラクターとしても活躍中 ブラジリアンワックススクール受講受付しています
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です