芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

プロフィール

はじめまして

Rico 藤沢 由加里です

2014年7月に芦屋にてサロンをオープンし『あたためて、うるおす』をコンセプトに、本来持つ自然治癒力、再生力、免疫力を向上させ美容、健康をサポートする施術を行っています

芦屋にサロンを構えたのは、私にとって1番慣れ親しんだ場所であることと

サロンの前にある桜並木がその理由です

春になると満開の桜でピンクに染まる、その街並みを見るたびにこの場所に決めてよかったと心から思います

 

サロンのあるマンションは…

私の年齢よりも年季の入ったマンションの5階にサロンはあります

初めてご来店のお客様には外観を見て驚かれますが、その外観からは想像できないサロンの内装は私のこだわりカラーを使い、ひとときでも日常から離れられるような環境で、お客様を日々お迎えしています

 

 

エステティシャンになるきっかけ

ネイリストを目指して

高校卒業後にアパレルメーカーに就職し、4年間販売員として勤務しました。プライベートでは人と全く会話が出来ない人見知りなのに、仕事となるとそれが全く感じられないという、ちょっと変わった性格です

母からは、人見知りの私に「接客業が務まるの?!」とかなり心配されましたが

接客を通じて次第に仲良しなお客様が増えていき販売の仕事はとても好きな仕事となりました

その中のお客様の1人から勧められた【ネイルアート】にとても興味を持ち、それをきっかけにネイリストを目指しスクールに通いはじめました

約1年ほど、仕事をしながらスクールに通い卒業と同時に仕事を退職

スクールから紹介された、サロンへと就職しました

 

ネイリストからエステティシャンへ

サロンに就職してから1週間も経たない頃、エステ部門担当のスタッフの方がある日突然病に倒れ、その日から出勤できなくなりました

その時に、オーナーから「エステの予約断りたくないから、今から一晩で技術を覚えて!」と指示がらあり…

突然の無茶振りでしたが、私の中でネイルスクールを卒業した時点でネイリストとしての気持ちが完結していたように思います

オーナーの突然の指示も、なんの違和感もなく受け入れられ必死にマッサージの練習スタート

ただ、今思えば一晩で技術を習得するなんてあり得ない事。私の下手なマッサージでも「ありがとう」と言ってくださるお客様の寛大さに救われました

思いがけずスタートしたエステティシャンとしての道

素肌を触らせて頂くのは究極の接客業ではないかと感じています

その瞬間の心地よさだけでなく、素肌に触れることで心の扉も開き精神的な深い部分にまで触れられるのがエステティシャンの役割なのではと、その奥深さに夢中になりました

技術や知識はもちろんのこと、お客様の心に寄り添うケアを追求したいと思い、より専門的なサロンへ転職することになりました

スタッフが常時20〜30名程在籍するサロンに入社し、9年間勤務。技術、理論、ホスピタリティを含め様々な経験をさせて頂きました

今のエステティシャンとしての私は、このサロンでの経験がかなり活きてます

 

 

開業への道

結婚〜出産〜離婚を経て…

実は19歳で結婚した私

数年間は、好きな仕事を自由に続けながら妻としての役割も担っていました

27歳で妊娠出産後、夫婦の関係性が大きく変化し33歳で息子を連れて別居

それをきっかけに、開業する事になりました

別居して3年後に離婚が成立し

今では小さな彼氏のような息子を育てながらサロンワークを行ってます

 

 

1番好きなこと。

美容そして…旅

エステティシャンとして、早15年以上が経ちました。正直、ここまで続けているとは予想していませんでした

続けられた理由は【自分が老化したくないから】これに尽きます

子供の頃から、可愛く着飾ることが大好きでファッション、ヘアメイク、ネイルなどにかける時間は惜しみません

年相応の自然な若々しさを維持する為に、進歩する美容理論を自分の為に学び、その延長にサロンワークがあるのかも知れません

もう一つ欠かせないもの。それは【旅すること】

少しでも時間があれば日帰りから海外まで、1人でも思い立って行きます

私のInstagramを見て頂いたらよく分かるとおもいますが、特に綺麗な海と温泉が大好きです

なので、旅行好きな方と繋がりたいですね

 

沖縄へは毎年恒例の旅

韓国&台湾旅行

 

 

 

行きたいところは、まだまだ尽きない

常に旅のプランが先の予定に入ってます

今では旅する為に働いている、それぐらい好き。いつか、海外でも仕事をするのが今の一番の夢です

 

http://