芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

攻めるスキンケアと守りのスキンケア

フェイシャルケアの目的

 

先日、スキンケアの商品や成分について勉強会に参加してきました

わたしのサロンのフェイシャルメニューに求めるものは

『健康的なお肌の土台を作る』

ということです

お肌により、改善するまでの変化や経過が

それぞれに異なります

少し違ったアプローチの選択肢も増やしてみたいと考え

新たなスキンケア商品について学んできました

 

お取り扱いスキンケアの特徴

 

今、お取り扱いしている2ブランドのスキンケアは

大きくカテゴリー分けをすると、どちらも

活性を促しお肌のターンオーバーを整えて

基礎となるお肌を作り変えるということに作用します

攻めるタイプのスキンケア商品です

 

そのスキンケアをご使用いただくと

古く蓄積された角質を自然に取り除く作用で皮膚の剥離が見られたり

それにより、一時的に皮膚表面の角質が薄くなるので

赤みや乾燥感、つっぱり感といった症状が出ることがあります

 

 

守りのスキンケアの必要性

 

お客様のお肌は十人十色

この同じ経過を過ごすことが困難な場合もあります

特に、かゆみの症状は痛みと違って我慢できるものではなく

無意識に掻き壊してしまいストレスを感じられてしまう場合もあります

痒みなどのリアクション時期を乗り越えると

間違いなくお肌は健康的になり自ら保水できるようになりますが

その道のりは長く時間のかかるものになります

 

代謝のいい子供でさえ15週間以上改善までに費やしたという事例もあるほど

健康的なお肌の土台を作るには時間がかかります

一瞬で変われる魔法のようなスキンケアは存在しません

 

ですが、少しでもリアクション反応のストレス負担を軽減したいということで


 

『攻めの活性によるお肌改善』

という選択肢だけでなく

 

『守りながら活性し改善する』

方法もお客様のお肌を見てその必要性を感じました

 

だからと言って『守る』=『潤いを与える』スキンケアとは

また少し違います

免疫力を働かし乱れた菌のバランスを整えたりしながら

お肌の土台を作る作用です

 

結果を出すには時間が必要

 

速効性のある変化は正直出ないですし

お化粧品の成分だけに頼っても結果は出ません

その使い方や使用量も重要な要素です

 

それでも今日のお手入れは確実に

半年後、1年後、10年後のお肌に左右します

何のためにスキンケアしてお肌を健康的に変えていくのかを

お客様の目的に向き合いながらお肌を作りたいと考えています

 

 


 

 

Rico(藤沢 由加里 ) by
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして16年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と10歳男子の子育てにも励んでます。 GAVACHO Premiumwax インストラクターとしても活躍中 ブラジリアンワックススクール受講受付しています
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です