芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

紫外線でできたシミをスキンケアで消す方法

日焼けしたお肌

ちょうど約1ヶ月半前の去年12月にプーケット旅行に行きました

気温33℃の最高の晴天でUV対策をほとんどしないまま、一日中ビーチで過ごす3日間

当然、日焼けで体は真っ赤に

でも予想外に顔はさほど日焼けしなかったなと余裕で帰国したのですが

数日経ってシミがどんどん増えてくる。。

この日焼けでできたシミ

ホームケアだけで紫外線でできたシミを消す方法を実践してみました

 

紫外線の影響を無かったことにする


 

日焼けでできてしまったシミはターンオーバーを正常に働かせれば解消できますし

角質が硬くなると、成分の浸透を妨げるので

わたしがスキンケアで意識したことは「取り去るケア」「活性させるケア」です

  

取り去るケアと活性させるケア

 

「取り去るケア」は、拭き取りローションを使用

拭き取りローションは最近のスキンケアアイテムで一番気に入ってます

洗顔後に拭き取るだけで肌のトーンアップにもなりますし、古い角質が取れるので後のローションや美容液の入りがいい

取り去るのに、保湿感があります

ELENAの美顔器で
イオンクレンジングすると
さらに効果的

  

「活性させるケア」は、炭酸パックとハイドロキノンとレチノイン酸

炭酸パック中
シミ消しにはハイドロキノンが必須

炭酸パックすると血行が高まり、肌活性が活発になります。ニキビができた時にも効果的です

今回は紫外線ダメージからいち早く回復させたかったので20日間連続でパックしました。

お肌状態によって使用するペースは調節しています

 

ハイドロキノン&レチノイン酸は以前のブログにもご紹介した通りシミ消しには欠かせないです

ハイドロキノンは連続使用より休止期間を作りながら、これも夜ケアに使用しました

レチノイン酸は4日に1回間隔で入れました

 

 

シミ消し実践結果

〈左側画像〉は日焼け後。肌全体のトーンも比べると暗めです

〈右側画像〉はスキンケア続けた結果。全体のトーンも明るくなり、浮き出たシミも薄くなりました

画像では分かり難いですが、肌のキメが整って表面が滑らかになりました


まだまだ残るシミがあるので、これを全部無くせるようにお手入れ続けて行きます

今回は短期間に紫外線が原因でできてしまったシミのケア方法をご紹介しました

全てのシミに当てはまるわけではないので、シミの種類に合わせたケアをご案内しています

Rico(藤沢 由加里 ) by
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして16年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と10歳男子の子育てにも励んでます。 GAVACHO Premiumwax インストラクターとしても活躍中 ブラジリアンワックススクール受講受付しています
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です