芦屋エステサロンRicoのオーナーBlogです

日焼け止めクリームの選び方

「日焼け止めクリーム何を選んだらいいの?」

というお問い合わせが増えました

 

赤ちゃんから使える日焼け止めや

SPF数値が高くてもお肌に優しいなど

種類は豊富にあり、価格も幅広い

何を基準に選べば良いか悩みますよね…

 

日焼け止めクリームを選ぶ基準は何ですか?

SPF数値

選ぶ基準の一つにSPF値があにます

SPF50まであり、単純に数値が高い方が紫外線をより増やすように思われます

 

・SPF

SPF 1は日焼けを20分遅らせるという意味

SPF50の場合、20分×50=1000分

約16時間程度は日焼けを予防する効果があることになります

 

数値が高いと日焼け止めの効果が長く続くので、数値が高めを選びがちですね

 

ただ、一般的なUVケア商品に含まれる紫外線吸収剤や紫外線錯乱剤に界面活性剤などが紫外線は不正でも、それによって活性酸素が発生し細胞老化が進行してしまいます

 

数値が高くなれば、なるだけお肌への負担は大きくなります

 

・SPFの上手な使い方が使い分け方

外出する時間、行動や場所に合わせてSPFの数値を選ぶといいですね

日常生活ではSPF15〜20程度で充分です

 

 

日常使いのUVクリームに最適なものは?

数値だけで選ばず、成分で選びましょう

Ricoサロンでおススメするのは断然このUVクリームです

 

おススメする4つの理由

①紫外線吸収剤・界面活性剤フリー

敏感肌の方や赤ちゃんから安心して使用できるノンケミカル処方

 

②極めて高い撥水性で崩れにくい

少々汗をかいても崩れないために塗りなおさなくても紫外線をしっかりカットできます

(その為、クレンジングで必ず落としましょう)

 

③高濃度ビタミンC誘導体配合

日焼け止めクリームにもかかわらず高濃度ビタミンC誘導体を配合し、お肌に透明感を与え紫外線なもにより肌表面に発生し活性酸素を抑制します

 

④成分が美容液と同じ

日焼け止めクリームに配合される成分は美容液として使われる成分

日中の紫外線老化からお肌をしっかり守ります

 

紫外線による光老化も怖い

だけど、含まれは成分によって肌老化が進行するの阻止したい

 

スキンケアしながら、毎日の紫外線を防ぐ

ただ数値が高いだけで選ぶものとどちらかがお肌により良いものかはもうお分りになりますよね

 

数値だけで気軽に買えるものを選ばす成分をきちん見極めて選んでくださいね

Rico(藤沢 由加里 ) by
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして15年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と10歳男子の子育てにも励んでます
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です