シンプルなケアこそ美肌への近道

 

10年、20年先もずっと健康的な素肌で

今のお肌は今までの習慣でできています

だから、ほうれい線も小じわもたるみも年齢だけのせいじゃないんですね

 

お家でご自身で毎日のスキンケアも

使うお化粧品、使い方次第でなりたいお肌を作ることができます

 

 

40歳のわたし

20代からずっと自分のお肌で実験的に続けてきたスキンケアも

一番シンプルに

✔️汚れを落とす

✔️お肌を紫外線から守る

✔️肌細胞を活性する

 

この3つのステップを丁寧に行うことでお肌が美しく変化することを体験しました

 

60代の母の肌を見てそこにわたしの未来の肌がある

 

今からの20年は年齢を重ねても変わらないお肌を保つために

だからこそシンプルに3つのステップを丁寧に続けたい

 

今からの5年、10年と年齢を重ねても自然に違和感のない

健康的なツヤ肌を作るためのスキンケアをまずは知って欲しい

今回は【汚れを落とす】ことの理由から解説してみます

 

与え続けるスキンケアを卒業してみましょう

 

アンチエイジング化粧品は

とろみのある保湿力の高そうなローション

濃密な美容液や

ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなどの成分高配合・・・など

こってり、付けるとお肌がしっとり潤う感があるものが多いですね

成分や潤いを与えるスキンケアが中心になっています

 

わたしが思うアンチエイジングは

自分の力でターンオーバーを働かせる事ができれば

年齢による自然老化は抑えられると考えています

 

ターンオーバーの遅れていると古い角質、わかりやすくいうと

埃がたまっているのと同じ

そこに、こってりしっとりするローションやクリームを付けてしまうと

たまった埃(古い角質)がさらにお肌にへばり付いて自然と剥がれ落ちなくなります

 

たまった埃はお肌をくすませる
この上から成分や潤いを与えても埃はたまったまま
まずは埃を取り除く(古い角質を落とす)ことから

さらにターンオーバーが遅れ、どんどん埃がたまっていく・・・の悪循環

 

アンチエイジングこそ『与えるスキンケア』を卒業した方がいいのはそれが理由です

 

古い角質は死んだ細胞

 

死んでしまった細胞に、どんなに良い成分を与えても

何にも活かされないのです

お肌の表面に長く止まっていることで、せっかくの美容成分も意味を持たなくなります

だから、『与えるスキンケア』を続けていても

シワ、たるみ、お肌のハリ艶が変わらないのはそのためです

古い角質が邪魔をして、本当に成分を効かせたいところには届かないからです

 

古い角質を自然と剥がれ落ちるようにするには

丁寧なクレンジングと洗顔

油分成分を与えすぎないこと

 

取り除くスキンケアでターンオーバーを働かせる

自然な肌再生力を引き出すためのポイントです


アンチエイジングに必要なのは『与える』ではなく『落とす』スキンケ

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP