皮膚が薄くて敏感で、赤み、かゆみが出やすいお肌を元気にする方法

 

敏感ゆるぎ肌

何をしても、何を使ってもお肌にしっくりこない

 

皮膚が白く角質層が薄く、ハリ感がなく、表面がカサカサ小じわっぽい

少しの刺激で赤みが出たり、かゆみが出たり

不安定さの続くお肌質のケアは一番デリケートに慎重に進めていきます

 

最近はスキンケア化粧品のCMでもよく謳われているように

「摩擦を起こさない」スキンケアと角質層に厚みを持たせるケアを基本に行います

 

それ以前に、スキンケアすら何をつけても刺激になってしまう場合は

インナーケアからお肌を作る『肌育』も取り入れていただきます

 

また、ご自身で自覚のないうちに何かのアレルギーを発症していることもあり

アレルギー検査もお勧めすることもあります

 

根本的に皮膚がなぜそのような不安定になっているのかを知る必要があるからです

 

インナーケアから『肌育』

Ricoサロンのお客様の症例として、生理前は特に赤くかぶれたようになり

全体的に皮膚のトーンもくすみのある大変デリケートなお肌の方がおられました

 

最初はスキンケアで一番敏感なお肌にもご使用いただける

ダチョウ抗体入りスキンケアからスタートし

 

一時は落ち着きを見せても、生理前になるとお肌がゆるぎ不安定になる状態を

繰り返すばかりでした

 

そこで初めていただいたのが【ハタ乳酸菌】の服用です

最初の一箱は朝晩2回飲んでいただきました

ハタ乳酸菌は胃酸や胆汁にも負けず生きたまま腸内にたどり着き

アレルギー症状を抑えて免疫力を強化する働きがあります

 

プロテインの摂取がターニングポイントに!

 

ハタ乳酸菌を続けられて2ヵ月が過ぎた頃から同時に

【ソイプロテイン】も朝晩2回飲み始めていただきました

体を構成する物質は全てタンパク質からできています

 

「プロテインは筋肉を作るために飲む」という目的だけでなく

ハリのある角質層を作るためにも必要になってきます

そして体も肌も毎日細胞が生まれ変わっていて

だから、毎日続けることがお肌を作るために大切なことです

 

こうして、ハタ乳酸菌とソイプロテインの組み合わせを始めてから

1ヵ月も経たないうちに、あれほど敏感で生理前は不安定になったお肌が

生理前でも大きな変化がなく安定した肌質を維持できるようになりました

 

それだけでなく、くすみがちだったお肌のトーンも明るくなり

艶やかにハリのある素肌へと見た目に大きく変化が出てきました

 

どんなスキンケアをしても、育たなかったお肌

それが体の中から働きかけることで安定感のあるお肌に育っていったのです

 

この結果は、信じて続けてくださったお客様の努力の賜物です

 

むやみやたらに、スキンケアに頼ってケアする方法ではなく

その方それぞれのお肌の現状を見ながら

健康的なお肌を作るサポートを行なっていますので

お客様自身でお家ケアでここまでお肌を変えられるという体験を

していただけるようなご提案を心がけています

    

遠方でサロンに通えない方にはオンライン肌診断と

スキンケアのアドバイスも行なっています

スキンケアのアドバイスは、お勧めしますお化粧品をご購入いただいた方のみとなります

 


 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP