ブラジリアンワックス〜介護脱毛〜

介護脱毛って??

ここ最近、『介護脱毛』という言葉を耳にしたことはありませんか?

言葉自体はこの1、2年で使われるようになったかなと感じていますが

実はもっと前から、看護師や介護士の方から

「自分が介護されるとき清潔に過ごすためや、介護してくださる方が

不快な気分にならない様に今から脱毛して準備をしておきたい」

というお声がよく聞かれました

これが『介護脱毛』のことです

 

40代を過ぎた頃から

 

介護脱毛は始める年齢は決まっていませんが

20代の方は旅行などのイベントに合わせてブラジリアンワックスを

 

30代の方から、ご自身の清潔に快適に過ごしたいという

自分のお肌を思って始められます

 

40代過ぎた頃から白髪も生え始めたり介護される立場になった時に

清潔で過ごしたい、介護してくださる方に不快な思いをさせたくない

という、相手のことを思う優しさからブラジリアンワックスを始められる方が増えます

 

日々の清潔感はもちろん将来に向けて準備を始められています

 

40代からの脱毛にはWaxと光脱毛の併用がオススメ

 

2つの脱毛方法を同時で行う理由

光脱毛のメリット、デメリット

 

光脱毛のメリットとして

将来的に毛を無くす目的では一番結果が出ます

ただ、デメリットとして

白髪や色素の薄いうぶ毛には効果が出にくくなります

(毛の色素が薄くなれば光の反応が鈍くなります。だから白髪が増える前に始めましょ!!)

1番無くしていきたいIラインOラインの粘膜部分は光脱毛はできない

カミソリで剃ってからの施術になるので、チクチクかゆみが出たり

カミソリ負けしてお肌にトラブルを起こす可能性もあり

 

将来的には毛をなくす結果にはなるのですが

できない部位、毛質や途中経過にストレスを感じるところがあります

 

Wax脱毛のメリット、デメリット

 

光脱毛と違ってWax脱毛は

粘膜部分はもちろん、ほくろやタトゥーの上など

皮膚の色素が濃い部分に生えてる毛や、白髪やうぶ毛など

残さず綺麗に全ての毛を取ることができる唯一の脱毛です

デメリットとしては、毛根から抜くだけなので日にちが経てばまた毛は生えてきます

 

組み合わせてそれぞれのメリットを活かす脱毛に

 

将来的に毛を無くすのは光脱毛が必要

できない部分の脱毛にWaxを利用します

Waxで抜いたツルツルの素肌に光を当てるのでカミソリで剃るダメージがなくなり

Wax後の仕上がりが長く維持できます

 

両方の脱毛方法のメリットを組み合わせることで引き立て

デメリットを解消することができるのです

光脱毛×Wax脱毛のいいとこ取りな脱毛法で

途中経過もストレスフリーに

 

そして、いつまでも清潔に衛生的にお肌を保つために

これからブラジリアンワックスでお手入れ始めてみませんか??

 


 

The following two tabs change content below.
アバター
芦屋市にあるエステサロン『Rico』です。老化したくない!そんな想いでエステティシャンとして19年。実年齢より見た目年齢。それには素肌の美しさが必須、だからとことん追求します!旅行とファッションが大好き!海外進出を目指して語学学習と12歳男子の子育てにも励んでます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP