老化が進む約8割の原因は?

老化する2つの理由

 

年齢を重ねるにつれて、ケガや傷が治りにくくなったり

体力が落ちてきたり、お肌にも現れる年相応のたるみやシワなど

20代の頃と比べて、自分自身で実感できる症状

これは、自然老化で加齢とともに進む症状です

 

もう一つの理由は、光老化

紫外線を浴びることで、日焼けはもちろんのこと

目に見えない肌の奥にまで紫外線の影響が及び

細胞酸化が進むこと

 

この2つが主な老化の理由と言われています

 

怖いのは自然老化ではなく光老化

なんと約8割の症状は光老化が原因となっています

 

怖いのは光老化

8割の老化症状の原因となっている光老化

例えば、体の中でも腕の内側やお腹など紫外線に当たりにくい皮膚の部分は

色も白く柔らかくキメも細かく滑らかな肌質ではないですか?

 

それに比べて、特にお顔は深いしわやたるみ、キメの粗さやシミなど

肌の質感が明らかに違いますね

黒くしぼんで酸化したリンゴと同じ肌状態になってしまうのです

 

皮膚は1枚で繋がっていても紫外線が当たる箇所、当たらない箇所で

質感が大きく変わり、これはどんな年齢の方にも見られる違いで

紫外線による影響が大きいことがわかります

 

りんごの様に瑞々しい素肌を保つには紫外線からのダメージを防ぎことが

老化の症状を抑えるにとても大事なポイントです

 

紫外線ダメージからお肌を守る

ポイントはUVクリームの選び方

 

季節により、その量に変化は見られても

1年を通じて降り注ぐ紫外線

だから、季節に関係なく毎日のUVケアは欠かさず

付けている時間も長いので有効的にダメージを防いでくれるものが必要

 

そこで何を基準で選ぶかというと・・・

 

SPF50に惑わされない

夏は特に思うSPFの数値が高いものが日焼けを防ぐには効果的と

そもそもSPF数値は

『日に当たってから肌が赤くなるまでにかかる時間を遅らせることができる時間』

を表したもの

SPF30なら何も塗らないお肌と比べて肌が赤くなるまで30倍の時間がかかる

 

何も塗らないお肌は約20分で肌が赤くなるというおおよその基準をもとに

SPF30=20分✖︎30倍=肌が赤くなるまでに600分(約10時間)

日焼けを防ぐことができるという目安です

 

だからと言ってSPF50あれば確実で安心というわけではありません

 

ここから衝撃的な実験をしてみました

酸化すると黒く変色するバナナをお肌に見立てての実験

8月下旬の晴れた日に、朝9時〜午後3時までバルコニーで実験です

 

左端に塗ったのは、ドラッグストアで1番売れているSPF 50のUVクリーム

中央はわたしが開発中のUVクリームのサンプル

右端はビタミン誘導体100%の美容液

 

 

3時間経過後・・

 

左端はSPF50のはず!?

20分✖︎50=1000分(約15時間)日焼けが防げるはずなのに

早くも黒く変色が始まってます

 

その3時間後の午後3時には

左端のUVクリーム

塗ってないところまで黒い変色(酸化)が広がっています

側面も

これお肌に置き換えたらほんとに怖い

日焼けを防ぐ=光老化を防ぐことにはならないという実験結果です

 

たった3時間で酸化するUVクリームを毎日使っていたら

老化の進行が早まるばかり

この結果を見るとSPF数値にこだわる理由は全くないですね

 

 

バナナの中央と右端は塗った部分は黒ずみなし!のこの経過

 

実は中央のUVクリームにもビタミンC誘導体を配合しています

このビタミンC誘導体は抗酸化力が非常に高いので塗った部分は

黒く変色(酸化)しなかった理由です

 

光老化を防ぐにはSPF数値は関係ない

 

日常生活ではSPF30で十分に日焼けは防げます

バナナの画像を見てわかる様に

抗酸化力の高いビタミンC誘導体が光老化を抑える力になるので

SPF数値を目安に選ぶのではなく、しっかりと選ぶ基準を持つと

老化の8割の原因を防ぐことができるのです

 

何を選べばいいかわからない方はご相談してくださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP